おならの臭い| ホーム | 活性酸素と抗酸化作用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭に梅干しの効果

みなさんは梅干しは好きですか?
「梅干し」と聞いただけで、ほっぺたの辺りがじわーっとして、唾液が出てくることがありませんか。
これこそが、口臭の予防になる梅干しのパワーなのです。

口のにおいは、気になる体臭の中でも上位をしめる部位で、他人とコミュニケーションをする際にもっとも気付きやすいにおいです。
その口臭に梅干しが効果を発揮します。
梅干しが誘発する唾液ですが、この唾液により口の中の細菌や食べ物のカスが流され、口臭が抑えられているのです。
逆に、朝、目覚めたときや空腹時、緊張時に口がにおうのは、唾液の分泌が減っているからだともいえます。

梅干しには強い殺菌作用と、菌の増殖を抑える効果があります。
梅干し自身の殺菌力と、梅干しによって呼び出された唾液の働きで、口の中の雑菌の働きが抑えられます。
唾液によって流された雑菌は、胃に到達すれば強い胃酸で死んでしまいます。
また梅干しに含まれるクエン酸は、口臭予防だけでなく体臭にも効果があります。

何となくからだが不調だ、というときに、湯飲みに梅干しとしょうゆ数滴を入れ、熱い番茶を注いだものを飲むとよい、という話を聞いたことがありませんか?
おばあちゃんの知恵袋的なお話ですが、これが実に効果があります。
特に朝、これを飲むとからだが温まり、食欲も出てきますし、朝からしっかりと食べることは、口臭予防にもつながります。
万病の薬として扱われてきた梅干しを、積極的に生活に取り入れたいですね。
ただし、塩分の摂り過ぎには気をつけてくださいね。

スポンサーサイト


おならの臭い| ホーム | 活性酸素と抗酸化作用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。