アルコールと体臭| ホーム | 毎日の生活の中での体臭対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠と体臭

妊娠をすると体臭がきつくなるという話を聞いたことはありませんか?
また、実際に体臭を感じて悩んでいる妊婦さんもいるのではないでしょうか。

いったい妊娠することと体臭の発生にはどのような関係があるのでしょうか。
妊娠中に体臭が起きる原因として、次のようなことが挙げられます。

●妊娠にともなう便秘の症状がある
●妊娠にともない新陳代謝が活発になるため、汗など分泌物の量が増える
●もともと肝機能障害、腎機能障害、糖尿病がある

妊娠するとホルモンバランスがそれまでと変化し、便秘を起こしやすくなります。
つわりで食事量が減ってしまうのも便秘を起こす原因のひとつです。
また大きくなる子宮に腸が圧迫されて動きが鈍くなったり、便意を感じにくくなったりします。
妊婦は体温が高いことからも、汗をかきやすいことは想像できるでしょう。
赤ちゃんをお腹の中で育てるために血液量も増え、分泌物の量も増えるのです。
人によっては毛深くなることもあります。
これもホルモンバランスの変化の影響です。

これらの理由から、妊娠すると体臭が強くなると言われているのだろうと思いますが、実際、妊婦本人が気にするほど体臭は強くないことが多いのです。
おそらく妊娠するとにおいに敏感になる人が多いため、自分の体臭も必要以上に気になってしまうのだと思われます。
しかし、においに敏感な時期、とくにつわりの時期には不快なにおいは避けるにこしたことはありません。
だからこそ、からだを清潔に保ち、快適なマタニティライフを送ってほしいですね。

スポンサーサイト


アルコールと体臭| ホーム | 毎日の生活の中での体臭対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。